【人妻体験談】退社して今は主婦になった童顔でカワイイ娘

【人妻体験談】退社して今は主婦になった童顔でカワイイ娘

結婚して数年後、退社して今は主婦になったリエという年(29)のわりに童顔でカワイイ娘に、前々から憧れていた。

この1年ぐらい、会えない無念さと、妄想ばかり膨らみ我慢ができなくなったのでご主人をいない事を祈って、たまたま近くによったフリをしてマンションのベルを押すことにした。

ラッキーだった。

土曜だったが、ご主人は仕事が忙しいらしくほとんど土日のどちらかは仕事に出ているとの事で、その日はリエ一人だった。

会社にいた頃は特に仲が良かったわけではないが、飲み会で一緒にしゃべったり年に数回時間潰しのパチンコに2人で行った事がある程度だった。

ほんの少しだけ肉付きのよい、タイトスカートのスーツが良く似合うD?E?カップの体系は変わっていなかったので、とてもうれしかった。

もともと、あわやくばと思っていったのだが、普通に話しが盛り上がってしまい、こちらも完全に目的を忘れてしまって楽しいひと時(15時頃ついて3時間くらいしゃべっていた。)を過ごしていた。

遅くなったので、切り上げようとすると、ご主人から電話がかかってきて帰りが遅くなる。終電くらいの時間になるとの事で、夕食を食べて帰ることになった。

もともとビール好きの彼女なので、何の違和感もなくビールが出てきた。

また、飲みながら盛り上がっていると、(床に座っていたので)ミニのタイトスカートの間から白いものがチラチラ見え出した。

(後で気が付いたのだが、チャイムの後5分程度待たされたその時に着ていたジャージから、白のシャツと黒のミニでスリットの深いタイトスカートに着替えていた。)

その時、自分が来た目的を思い出したが、楽しい話をたくさんしたのでかなり満足して、どうでもよくなっていた。

少し話も無くなりTVを見ていて帰るタイミングを探していたような気がする。

その時思いもしない出来事が・・・。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加