【乱交】不倫相手にカップル喫茶とハプバーでエロ開発された私

【乱交】不倫相手にカップル喫茶とハプバーでエロ開発された私

彼と職場で出会ったのは今から10年ほど前でした。

最初は映画を見たり、食事をした後、ホテルでエッチをする普通の内容でしたが、時が経つにつれ、コスプレ、露出、SMと変化をしていきました。

元々エッチは好きな私でしたが、知り合って5年ほどが経った頃、初めて彼にカップル喫茶へ連れて行かれました。

「お酒を飲みながら、見てるだけでいいから」

そう言われて中へ入ると、初めて見る独特な雰囲気の中、気さくな女性店員さんとの会話が弾み、彼とシャワーを浴びた後、先に出た彼が用意していた、黒のシースルーで丈が短く、お尻が半分出てしまうキャミソール一枚に着替え、部屋へと戻りました。

カウンターで飲んでいると、優しい雰囲気の男性に声を掛けられました。

彼は縛りが得意とのことで、みんなの前で全裸となり、亀甲縛りをされると、その流れで大部屋へ移動し、複数のカップルが見守る中、初めて3Pを経験しました。

その後、ハプバーへも通うようになりました。

ローションイベントの日には、広く並べられたマットの中央で最初に講師(?)の男性と絡み、アルコールと暑さで意識が朦朧とする中、代わる代わるその場にいた男性の肉棒を上下の口で受けとめ、また自らも好みの男性のモノをひたすらしゃぶり、挿入し続けました。

過去には、ホテルにチェックインした後、上は薄く透けて胸元が大きく開いたワイシャツ、下は黒のギリギリお尻が隠れるタイトミニ、下着は乳首の部分が開いている黒いブラに、同じく黒の紐パンに着替え、一時外出で彼の知り合いのバーへ出掛けたことがありました。

その時、私と彼は別々に座り、予め彼からは、「男性に求められたことは、全て受け入れること。指示はLINEでするから」と言われていました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加