【Hな体験】女の武器でトラブル回避した由美子課長との一夜

【Hな体験】女の武器でトラブル回避した由美子課長との一夜

私は三流販売会社の営業マン、31歳です。

就職氷河期にやっと入社した会社です。

景気が良くなればこんな会社オサラバ!と思ってましたが、そんな私が今も転職しないのは由美子(35歳)の存在でした。

もろ一目惚れでした。

しかし由美子は既に結婚していて手の届かない存在でした。

由美子と初めて会った時は28歳で主任でしたが、現在は35歳の女課長で私の上司でした。

そんなある日、地方都市の取引先とトラブルが発生し、由美子課長が説明に向かいました。

運転の苦手な由美子課長は、私を補助兼ドライバーとして同行させました。

車中、助手席で由美子課長は資料とにらめっこ。

タイトスカートが捲り上がり、ベージュのストッキングに包まれた由美子課長の太ももをチラ見して勃起していました。

何度もズリネタにしている由美子課長と二人きりでドキドキでした。

取引先の社長(地主)がセットした個室の座敷で、我々は1時間の説教を食らいました。

ようやく機嫌が直った社長は酒を用意しました。

広い座敷には社長、由美子課長、私の三人です。

つづきはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加