【人妻体験談】同期で親友の嫁さんとの秘密

【人妻体験談】同期で親友の嫁さんとの秘密

私・田原と近藤、理香は現在31才の同期入社です。3人は仲が良く飲みや遊びに繰り出していました。

私は理香の可愛いらしさと推定90センチの巨乳に恋心を抱いていましたが、やがて近藤と理香が付き合い出し結婚しました。

その後、近藤は横浜に異動となり私と理香は本店です。理香の制服の上からでも一目で分かる巨乳は私のズリネタであり、男達の飲みの席では、あのおっぱいを拝みたい!揉みたい!と話題になっていました。

2人が結婚して4年目の30才の時、理香に飲みに誘われました。近藤も合流すると思っていましたが2人だけで理香の悩みを聞く形となりました。

なかなか子供が出来ず、近藤の親のプレッシャーから不妊治療を受け始めたそうですが近藤が非協力的で、この1年ケンカが絶えず疲れたと言って来ました。

食後、酔い冷ましで公園のベンチに座った時、切ない理香の表情が堪らずキスをしました。

驚いた理香に入社してずっと好きだったと告白しました。

「気持ちは嬉しいけど、私は結婚してるし・・」と当然の答えが帰って来ました。気まずい空気で駅に向かう途中、私はダメ元で勝負に出ました。

「理香ちゃん、ずっと君を好きだった俺に今夜だけ夢を見させてくれないか」

理香は返答に困っていました。私は強引に理香の手を握り路地裏のラブホに連れ込みました。

迷う時間を与えない様に、部屋に入って直ぐにキス攻撃です。先程のキスは唇が触れる程度でしたが今度はディープです。私の舌の侵入を拒んでましたがやがて受け入れました。

理香の舌の感触を楽しみながらベッドに理香を押し倒しました。理香の香りを堪能しながら耳たぶと首筋に唇を這わせました。

「あ・・あん・・」

つづきを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加