【人妻体験談】友人達と海に行って人妻に大量のザーメン飲ませたエロ体験を語る

【人妻体験談】友人達と海に行って人妻に大量のザーメン飲ませたエロ体験を語る

俺は都内に勤める40歳の会社員。

同僚に36歳の不倫相手の人妻がいる。

うちの会社は完全週休2日の一般的な企業だが、部署によっては、当番制で出勤を強いられる場所もある。

俺の部署がそれであり、そこの課長がこの俺だ。

ある週末のこと、平日の仕事が思うように進まなかったことから、土曜日に出勤するハメになった。

社屋に入り、エレベーターを使用し、事務所のある8階まで上がる。

事務所の扉を開け、出勤者を見渡した時、そこに彼女の姿があった。

彼女も当番のため出勤していたのだ。

 

誰が当番かということを把握していなかったため少々驚きもあったが、そこは平静を装いデスクに着く。

決して下心で計画的に出勤した訳ではなかった。

普段不倫関係にあるような素振りは全く見せない。

周囲の人間にバレたら大変な事になることをお互い十分に判っているからだ。

ちなみに彼女の旦那もウチの社員の1人だ。

俺は当番要員ではないため、自分の仕事を片付ければいつでも帰れる立場にある。

その日も、午後2時には一通りの事を終わらせ、帰ることにした。

帰る前に会社の2階にある喫煙所に寄り、一服する習慣がある。

その日も同じようにタバコを吸っていると、彼女からのLINEが入った。

彼女『帰っちゃうのー?』

俺『だって仕事終わっちゃったもん』

職場で彼女と特別な接触は避けているため、素っ気なく業務的な挨拶をして出てきたところだったが、彼女の本心は、土日で出勤者が少ない日という事もあり、少し構ってもらえる事を期待していたようだった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加