【不倫】義父とのセックスを10年も拒否していた妻の母親と[前編]

【不倫】義父とのセックスを10年も拒否していた妻の母親と[前編]

妻が出産予定日の2週間前から入院する事になった。

赤ん坊の首にへその緒が絡んでいて、すぐに危険ってわけでもないんだが、妻が神経脅迫症という精神的な病を抱えていることも考えた上でだった。

で、妻の48歳になる母親が来てくれて、昼間病院で付き添ってくれることになった。

ただ妻の実家から電車で2時間はかかるので、とりあえず出産が済むまで夜は俺達のアパートに泊まることになった。

妻は病気のせいもあって家事もほとんど出来ず、俺が仕事を終えて帰宅してからやっている状態だったから素直にありがたかった。

3日ほどして夕方帰宅してみると義母は居なかった。

留守電に『帰宅は夜7時過ぎる』とメッセージがあった。

先に風呂入っかと思い、服を脱いで洗濯機に放り込みかけて、手が止まった。

見慣れない下着が目に入ったからだ。

クリーム色のスリップとブラ、そしてグレーのパンティがあった。

それらを取り出して思わず匂いを嗅いでいた。

香水などは一切つけない義母の下着は、洗剤の甘い香りがした。

パンティを裏返して股間に当たる部分を見ると、若干黄色い染みがあった。

鼻を近付け、独特の小便臭い匂いに、目眩がするほどの興奮を覚えた。

頭の中は台所に立つ義母の姿でいっぱいになり、痛いほど勃起した自分のペニスにスリップを巻き付け、無茶苦茶にシゴいていた。

「お義母さん・・・うっ、お義母さん・・・」

迫る絶頂を抑える余裕もなかった。

パンティを鼻から離し、義母の股間に当たっていた部分に猛烈な勢いで俺の精子が弾け飛んだ。

物凄い放出感だった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加