【レイプ】後輩が貸してくれたミニスカサンタの罠

【レイプ】後輩が貸してくれたミニスカサンタの罠

先日のクリスマスの出来事です。

私(良二・33歳)は妻(玲奈・29歳)と子供(凛・6歳、蓮・4歳)の4人で暮らしています。

クリスマスの1週間程前に、職場(土建関係)の後輩(隼人・30歳)とクリスマスの話をしていました。

「俺、サンタの衣装持ってるから貸すよ!」

「衣装って・・・いいよ」

「子供達、絶対喜ぶって・・・」

「そうかぁ!」

「奥さんと2人でサンタとトナカイの姿になったら、最高の思い出になるんじゃないっすか!」

「妻も・・・」

「サンタの衣装は女性用でトナカイが男性用っす」

「何で女性用を持ってるんだ?」

「以前、彼女と2人でクリスマスで着用したんっすよ」

「へぇ~・・・今は彼女は・・・」

「もう別れて・・・今年は男だけのクリスマスっす」

そんな話から、隼人から衣装を借りる事になったんです。

隼人は元暴走族で、1年程前に社長の紹介で入って来ました。

職を転々としていた隼人と飲み屋で知り合って社長が声を掛けた様なんです。

初めは怖い奴が入って来たなぁ・・・って思っていましたが、仕事も真面目にするし根は良い奴でした。

とは言え強面で言葉使いも荒く、小心者の私にはやはり怖い存在で、彼の申し出に断る事が出来なかったんです。

クリスマス前日に隼人が衣装を持って来てくれました。

「この衣装でクリスマスしたら子供達大喜び間違いなし!必ず着ろよ」

「あぁ~じゃ借りるよ」

その夜、妻に衣装の事を話しました。

「へぇ~隼人さんが・・・子供達喜ぶね・・・きっと・・・」

紙袋の中を見ると、赤いサンタの衣装と茶色いトナカイの衣装が入っているのが確認出来ましたが、中身を出す事はしませんでした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加