【人妻体験談】ふて腐れるクリーニング屋の人妻とのエッチな体験談

【人妻体験談】ふて腐れるクリーニング屋の人妻とのエッチな体験談

二年前から行ってるクリーニング屋の店員とエッチした。

そこには23歳と25歳と33歳の3人がいて、エッチしたのは33歳の万由子で結婚してて子供も二人いた。

その人が当番の日に出す日が多かったんで、話をしてて段々話し込む様になりました。

他の客が来ないときは三十分も話してたり。

段々聞いている話の中身も向こうの姑との仲の話とかになり、メルアドを聞いたらあっさり教えて貰いやり取りしてました。

朝に「あ~、姑うるさい」とか愚痴も多かった。

ある時に「憂さ晴らしに食事しない?」と言うと「若い子にしなよ」と断られたけど、夜に「ごめんね・・・私なんか誘ってもつまらないからさ」とメールが来た。

「いや、綺麗で価値あるよ」

「本気で言ってる?」

「うん」

「姑と喧嘩して飛び出したら逢ってね」

その後からは見る目が違ってた。

関係したのは二ヶ月後で、土曜に「喧嘩して飛出した!」とメールが来て迎えに行った。

食事してどっかで泊まる事になり、当然ラブホ。

シャワーを浴びて黙ってベッドに座ってたら「一回で捨てないでね?」と言われ、抱き締めてそのままベッドで・・・。

万由子さんの身体は細身で無駄な脂肪がなく、胸は小さかったけどスタイルが良かった。

「ウッ・・・アアッ」と喘ぎ、秘部は嫌がったけど舐めると濡れ濡れで「舐めてあげる」と自らフェラをしてくれた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加